からすてんぐのブログ

私のブログでは、日常に役立つ情報や、アパレル店員から見たファッションの紹介など様々なことを紹介しています。

【必見】正しいお風呂の入り方

どうもこんにちは。からすてんぐと申します。

今回の記事ではお風呂の過ごし方をご紹介いたします。

 

 

お風呂で得られるメリットとは

f:id:syoga_crow:20211021132802j:plain

お風呂の最大の効果は血行促進である

湯船につかると、体が温まりとてもゆったりした気持ちになれますよね!それだけではないんですよ。湯船につかることは心身のリラックス以上の効果が期待できるらしいです!!

 

お風呂に入ると身体が温まりますよね。この際に血管が広がり血行が良くなるんですよ。体内の老廃物などを早めに排出させられるのです。お風呂にはいってすっきりするのはこのためでしょう。

 

ほかにも湯船につかることで毛穴が開いて汚れが落ちやすくなったり筋肉がほぐれるなど、お風呂で得られるメリットは多くあります!

 

正しいお風呂の入り方

基本的にぬるめのお湯にゆっくりつかります。

 

正しいお風呂の手順

まずはたっぷり水分補給。

水などでもいいのですが、おすすめは脱水予防ができるスポーツドリンクなど。なんと1回の入浴で800ml程度脱水するという研究結果が出ています。入浴前にはしっかりと水分補給をしましょう。

かけ湯をしよう

血行が急上昇するのを防ぐためにかけ湯をしましょう。かけ湯をするときは上からではなく足元から心臓に向けてかけていきましょう。

お風呂につかろう

ゆっくりお風呂につかりましょう。理想の温度は38℃~40℃のぬるめのお湯。10分ほど使ってみましょう。10分入ったら確実に3分ほど休憩しましょう。

身体を洗い、もう一度お風呂に入ろう

身体を洗い、もう一度お風呂につかりましょう。身体が冷えていると思うのでそれを温めるようにしましょう。10分入って3分休憩する。を繰り返すのがおすすめです。

 

お風呂に入れないときは?

お風呂に入れない場合は足湯でもよい!足湯をするだけでも身体が温まります。足湯の場合は42℃~43℃がおすすめです。

 

疲労を感じたときはお風呂に入ろう

普段シャワーで済ましている人も多いかと思います。忙しい時期でも「1週間に1回」などとお風呂に入ることを習慣づけてみませんか?疲労感が一気になくなりますし、良質な睡眠も期待できます!

 

お風呂での過ごし方

さて、今週のお題「お風呂での過ごし方」についてお話します!私のお風呂での過ごし方は、熱めのお風呂にはいって、休憩して、を繰り返す感じですね。先に身体を洗ってしまいます。

 

今日の記事はどうでしょうか?「正しいお風呂の入り方」を実践していただければうれしいです!ではまた!